40日ファスティング経験者の本音!

ファスティング(断食)の素晴らしさやファスティングの正しい方法、効果などを紹介しています。

発酵薬膳ファスティングの基礎 01 これまでの酵素栄養学は大丈夫?

ネットで調べたら酵素栄養学に疑問を発信するサイトが多くあります。

これは酵素を過信した情報が氾濫しているからで、特に「酵素ジュースで断食がラクラクできる」とか「酵素サプリメントを飲めば、健康維持、長寿」などと言う過信、盲信の販売文句でいかにも酵素を摂っていれば安心という宣伝が多いからです。

 

しかし、そもそも酵素は本当にからだに摂取するといってもどのような効果があるのか、あまりにも漠然としていており、実態が分かりませんでした。

鶴見医師は、からだのなかに酵素が少なくなれば寿命は短くなり、多ければ150歳まで生きられるという潜在酵素のことを書いておられますが、それでは潜在酵素の量をどのように測るのか、多い、少ないなどその基準はあるのか根拠は全くありません。

 

また、怖いのはある断食施設では、酵素さえ飲んでおればすべての万病も消え、酵素だけは飲んでください、と高価な金額で酵素を売りつけていることを聞いています。

酵素の通信販売でも同じで、リピーターで買う顧客に極端な値引きや酵素はからだに無条件に良いのでという説明文を読んでいますとますます怪しくなります。

 

酵素おかしいというブログでこのように書かれています。

・・・食物から取り入れた酵素が体の中で働くかどうかは、環境が合っているかにもよります。食べて消化されるまでに働ける環境になければ、その酵素は働くことなく終わります。また、酵素は反応を促進するけれども、それ自身は反応の前後で変化をしない「触媒」として働くので、酵素は反応に使われたら消費されて減ってしまうことはありません。繰り返して何度も働くことができます。酵素は必要に応じて作られてから、分解による量の調節の他に、一部の酵素は活性を変化させる調節を受けたりして働き具合が調整されています。こうした体内で行われている酵素の調整とは無関係に外から別の生物の酵素を取り入れても、余計なことになります。自前の酵素を「節約」する為に食品に含まれる酵素を食べて補うというのは、いくつもの基本的なところから大きく外しています。(片瀬久美子 博士のブログ)・・・

 

酵素ジュースを含めた酵素を外部から摂取して、酵素を補うことはあり得ないということは私も納得します。

だから酵素の働きを知っておれば、酵素断食などはあり得ないと片瀬理学博士は言っておられるのです。

少なくとも断食をしつかり学べば、酵素断食に過信したら、まさに命とりになってしまいます。

 

私たちが「藤樹の宿」でこれからなしていくのは、「発酵薬膳ファスティング」なので酵素断食のような怪しい方法ではありません。

ただし、この「発酵薬膳ファスティング」はコストが高くなります。

そして来会される方に合せた処方をしますので、時間もかなりさらにコストはアップします。

それが難点ですが、命には代えられません。