40日ファスティング経験者の本音!

ファスティング(断食)の素晴らしさやファスティングの正しい方法、効果などを紹介しています。

武士道が生まれた背景  43 李登輝の武士道解題 21 第17章・武士道の将来

ヨーロッパの騎士道と日本の武士道の歴史を比較してみたとき、 これほどよく似ているのはまれである。もし歴史が繰り返すものだとすれば、 武士道の運命は、必ず、騎士道がたどってきた運命を繰り返すであろう。 ヨーロッパと日本の歴史的な経験において、最…

武士道が生まれた背景  42 李登輝の武士道解題 20 第16章・武士道はなお生きられるか

わが国における驚くべき西洋文化の進入は、 わが古来の教訓のあらゆる痕跡を、すでに拭い去っていまったのであろうか。 一国民の魂が、もしそのように早く死滅するならば、はなはだ悲しいことである。 そのように外来の感化によって屈服するようでは、 それ…

武士道が生まれた背景  41 李登輝の武士道解題 19 第15章・武士道の感化 

・・・武士道の道徳は、わが国民生活の一般水準よりもはるかに 高い山脈を形成しているが、 私はこれまでそのなかのさらに高いいくつかの峯を考察したにすぎない。 太陽が昇るときは、まず最も高い峯の頂上を紅に染めて、 それから次第にその光を谷間になげ…

武士道が生まれた背景  40 李登輝の武士道解題 18 第14章・婦人の教育および地位 

妻を意味する漢字の「婦」は、箒(ほうき)を持っている女という意味であるが、 もつともその箒をふるって、夫に対して攻撃に出たり、 あるいは防御したりするものではなく、また魔法をかけるためではない。 箒の無害な本来の用途においてである。 「婦」と…

士道が生まれた背景  39 李登輝の武士道解題 17 第13章・刀・武士の魂 

・・・刀の鍛冶屋はたんなる工人ではなく、霊感を受けた芸術家であって、 その職場は、神聖なところとされていた。彼らは毎日、神仏に祈り、 斎戒沐浴をしてから、仕事を始め、あるいは 「その心魂気迫を打って錬鉄鍛冶した」のである。 ・・武士道は、みだ…

武士道が生まれた背景  38 李登輝の武士道解題 16 第12章・切腹および仇討ち  

・・・切腹を聞く者は「腹を切るとは何と不合理なことか!」と叫ぶであろう。 確かに外国人の耳には、奇怪なものに聞こえるかもしれない。 しかし、シェークスピアのジュリアス・シーザーを読めば奇異な感じをしないであろう。 ・・切腹が我々には、まったく…

武士道が生まれた背景  37 李登輝の武士道解題 15 第11章・克己(セルフコントロール)

・・・武士が感情を顔にあらわすのは男らしくないと考えられ、 「喜怒を色に現わさず」とは、強い性格を評価する言葉であって、 最も自然な愛情をも抑制されてきた。たとえば父がその子を抱くのは、 父の威厳を害うことであり、夫は私室においてはともかく、…