40日ファスティング経験者の本音!

ファスティング(断食)の素晴らしさやファスティングの正しい方法、効果などを紹介しています。

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神25 上杉鷹山 10 あり得ない天国の地となった米沢藩 

日本に存在していたこと自体げ奇跡といわれた鷹山の米沢藩について、 内村は学者、倉成竜渚の記録を紹介しています。 「米沢には正礼市とよばれるものがある。 草履、わたじ、果物その他の品々が値札をつけて杭に下げてある。 持ち主はそれを見張ってはいな…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神24 上杉鷹山 09 米沢藩の戒律実行

また鷹山は藩を支える農民階層に対して「伍什組合の令」を出します。 そこではこのような掟を作り、守らせます。 1・5人組は常に親しくして交わり、支え合うこと 2・10人組は家事もオープンに親類のようにすること 3・その組の者は互いに助け合うこと、…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神23 上杉鷹山 08 医学の最先端を行く「好生堂」の開設

また内村は次のように鷹山のことを紹介しています。 ・・・仁政とは病人を治療する機関を備えてはじめて完成したといえる。 その点でも、この名君に抜かりはなかった。 医学校「好生堂」を開設し、教師に当時の名医を2人招いた。 薬草を栽培するための植物…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神22 上杉鷹山 07 全国の模範となった興譲館

鷹山の産業革命は神の前に低くして出たことにありました。 藩主(今日でいえば社長)は、藩主ではあっても鷹山は役割だと考えました。 そして藩主から比べれば最も身分の低い農民であっても 神聖な役割があるのだということを見事に実践していきます。 農民…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神21 上杉鷹山 06 革命を起こすには何をするのか

鷹山は米の生産には水利の良し悪しが鍵だと考え、 長時間をかけて堤防、灌漑用水、 そしてトンネル工事などで驚くべき工事を成し遂げていきます。 内村はこのように書いています。 ・・・荒れ地に花が咲き、鷹山の領地は豊かな実りを生むようになった。 それ…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神20 上杉鷹山 05 真の革命とは

鷹山の藩政改革はまず、藩の役人の改革から始まります。 まず能力ある人物を登用して惜しみなく手当てを与え、 役職者に「民の父母」としての行政の監督者を置いたことです。 そしてまるで巡回教師のように事細かい日常生活まで指導して藩内を回ったのです。…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神19 上杉鷹山 04 自ら率先して質素を行く

サムライ・ファスティングを極めていくために 新渡戸稲造の名著「武士道」の要約を紹介し、解説をして、 引き続き内村鑑三の名著「代表的日本人」を今、連載しています。 この2冊は、ほんとうのサムライ精神、武士道精神を見事に描き、 日本のため、世界のた…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神18 上杉鷹山 03 炭の火を見よ

鷹山はまだ16歳でしたが、 先回に書きましたような困窮の只中にある米沢藩当主となります。 現代でいえば倒産寸前の社長に就任したようなことです。 内村鑑三の文章に戻ります。 ・・・藩主の地位に就いて2年後、鷹山は初めて自分の領地である米沢に入った…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神17 上杉鷹山 02 誓詞に生きる

二つの辞典で紹介したように まさにサムライ・ファスティングを地で行く上杉鷹山ですが、 内村鑑三の紹介記事は実に優れた筆で見事に鷹山公の若き日を描いていきます。 ・・・鷹山が、今の羽前の国にあたる米沢藩の家督を相続したのは、 弱冠17歳のときであ…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神16 上杉鷹山 01 どのような大名だったか 

内村鑑三は「代表的日本人」のトップバッターに西郷隆盛をもってきました。 ラスト・サムライで日本を代表する武士道精神に生きて、 明治維新革命を引き起こした人物です。 そして内村は二番バッターに上杉鷹山をもってきましたが、 NHK・Eテレビで放送され…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神16 西郷隆盛 12 その先を見る予見者

西郷のいう天の声を聞くとは何かを内村はさらに続けて書いていますが、 武士道、サムライ精神とはまさに「天を敬う人」だと定義しています。 内村の言葉を聞きましょう。 ・・・「天を敬う人」は、正義を尊重し、実行する人にならざるをえない。 「正義のひ…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神15 西郷隆盛 11 天からの声を聞け

ラスト・サムライであった西郷隆盛の「敬天愛人」の天について 内村はかなりのペースを割いて考察しています。 ・・・「天は人も我も同一に愛したまうゆえ、我を愛する心をもって人を愛するなり」 という西郷の言葉には、律法と予言者の思想が込められており…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神14 西郷隆盛 10 西郷の生き方・美田を残さず 

さてサムライ・ファスティングの源流に戻り、 「代表的日本人」のトップバッターであります西郷隆盛に戻ります。 内村鑑三は西郷の生活と人生観についてこのように書いています。 ・・・西郷ほど無欲で生きた人はいなかった。 帝国陸軍元帥など閣僚の中の最…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神14 西郷隆盛 10 カミング・リバイバル

1994年にアメリカのキリスト教会では、 キャンパス・クルセード(ccc)創始者のビル・ブライトが、 全米のキリスト教指導者に向けて、40日断食祈祷を呼びかけ、 それに呼応してフロリダのccc本部に集まり、40日断食祈祷を挙行しました。 その時の記録は…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神12 西郷隆盛 08 なぜサムライ・ファスティングなのか

私は、11月20日から、内村鑑三の名著「代表的日本人」を通して、 サムライ・ファスティングを考察していこうとしています。 この原稿を書いているのは、日本は今、 アメリカの奴隷国としての従属化から真の独立を勝ち取ろうとしていない 奴隷根性が残念でな…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神11 西郷隆盛 07 霊性革命

内村鑑三は、明治維新を「維新」ではなく、「革命」と見ていました。 その中核精神を藤田東湖のような激しい火のような人物が必要であったけれども、 日本を動かすには「西郷のような穏やかな魂の中に植え替える必要があった」と 内村は分析しています。 こ…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神10 西郷隆盛 06 天から聞いた男

藤田東湖についてさらに内村の文章を続けます。 ・・・正義を熱烈に愛し、野蛮な西洋人を徹底的に憎む彼のまわりには、 おのずと次の日本を担う若者たちが集まってきた。 そして遥か離れた地で彼の評判を耳にした西郷は、 藩主に従って江戸へ入ったときに東…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神09 西郷隆盛 05 世界に誇れ!陽明学の祖が出た高島市安曇川町

私はこれまで、「よくぞ、このド田舎である高島市に移住してきたね」 と何度も聞かれました。 滋賀県庁の職員(高島保健所)は、 「このような貧乏県でしかも何も工場もない貧乏な高島市に来られましたね」と しみじみ言われたのには驚きましたが、私はこの…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神08 西郷隆盛 04 陽明学との出会い

内村はラストサムラであった西郷の生き方を生き生きと紹介していきます。 ・・・力持ちで相撲をとるのが大好きで、この習慣は生涯変わらなかった。 若くして王陽明の著作に惹かれた。 陽明学は数ある中国思想の中でも、善悪の観念と寛容ながらも 厳格な天の…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神07 西郷隆盛 03 明治維新は天の命 

内村鑑三は、西郷隆盛の生涯はまさに「天命」であって、 西郷が用いられたのは西郷の意思ではなく、天の命だという視点から見ています。 そして西郷の語った「敬天愛人」は、力で人を圧しない。 人を自分の思い通りに使わない。 他者のために自分を捧げると…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神06 西郷隆盛 02 開国に働く神の支配

ラストサムライといわれる西郷の生まれる江戸末期を 内村鑑三は見事に描いていきます。 ・・・わが国の長い鎖国は終わりに近づいていたが、それを完全に終わらせるには、 しかるべき人物と機会が必要であった。 この頃、太平洋の両岸に位置する中国とカリフ…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神05 西郷隆盛 01 ラストサムライ 

「代表的日本人」のトップバッターは「西郷隆盛」です。 ブリタニカ国際大百科事典の解説を引用します。 ・・・1827.12.7. 鹿児島で生まれ-1877.9.24没./幕末,明治維新の元勲,政治家で軍人。 通称吉之助。 南洲と号した。薩摩藩下級士族の出身。 藩主島津…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神04 内村鑑三はなぜこの本を書いたのか 04

日本人の霊性を論じたのは鈴木大拙が有名です。 代表的著作「日本的霊性」は1944年の発行ですが、 内村は50年前に「代表的日本人」の中で 日本人の霊性を正しく世界に伝えたパイオニアであったのです。 仏教思想家の鈴木大拙は、 ・・・宗教が深まるから霊性…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神03 内村鑑三はなぜこの本を書いたのか 03 

先に内村鑑三はアメリカの思想家エマソンの著作に影響を受けたことを書きましたが、 エマソンは十字架を否定するユニテリアン思想家でありましたが、 内村はそれでもエマソン流を導入しました。 「代表的日本人」のドイツ語版の後述にこのように内村は欠いて…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神02 内村鑑三はなぜこの本を書いたのか 02

内村鑑三が「代表的日本人」を出版される40年前に アメリカの思想家エマソンが「代表的人間像」を出版しており、 内村はこの著作に刺激を受けて書いたと言われています。 内村はこの書かれた頃を回想した記録があります。 ・・・ちょうどその頃(代表的日…

サムライ・ファスティングに生きるとは 「代表的日本人」に書かれた武士道精神01 内村鑑三はなぜこの本を書いたのか 01 

新渡戸稲造の名著「武士道」については、このブログでこれまで紹介してきました。 その「武士道」が英文で書かれる数年前に内村鑑三は、 優れた英文で「代表的日本人」を書き、世界に向けて日本の代表的な人物、 しかも武士道に生きた5人を紹介しました。 …

サムライ・ファスティングの神髄 07 サムライ精神でするファスティング 「健康しが」で語った内容  04 

(株)あなたの健康社のブースではオープンできた時間は会場の関係で 約3、40分ぐらいしかありませんでしたが、いろんな方が立ち寄ってくださいました。 名刺交換だけで十数名あり、チラシだけでもかなりの方が持ち帰っていかれました。 今度はその名刺交換の…

サムライ・ファスティングの神髄 06 サムライ精神でするファスティング 「健康しが」で語った内容  03

(株)あなたの健康社のブースでは約40分ぐらいですがいろんな方が立ち寄ってくださいました。今度は中年の男性です。 男性「今、あなたが発題されたように藤樹の宿には、女性が多いということですが、 男性でもできるのかね。 毎日、つきあの宴会も多いので…

サムライ・ファスティングの神髄 05 サムライ精神でするファスティング 「健康しが」で語った内容  02

11月14日は、サムライ・ファスティングとして語った部分だけ記載しました。 そして会場に「株式会社あなたの健康社」としてのブースを設けましたので、 そこで藤樹の宿のパンフレットや「断食救人類の書」申込みを受け付けました。 そのブースに少しふくよ…

サムライ・ファスティングの神髄 04 サムライ精神でするファスティング 「健康しが」で語った内容  01 

11月14日、第7回「健康しが」交流会で語った内容 滋賀県に移住して驚いたのは、滋賀県の断食に関する意識が、かなり遅れていることです。 今もなお比叡山延暦寺の修行僧がするものとか考えておられるようです。 しかし、今や東京では女子が3人集まれば、 「…